S660

S660ホンダは過去に小型スポーツモデルとして1960年代前半にSシリーズを作っていました。

S500から始まって、S600、S800とエンジン排気量にあわせた名前を持つ2ドアクーペあるいは2ドアオープンのスポーツカーを作っていました。

時代は変わって1991年、日本が好景気沸いている時代にこのSシリーズを彷彿とさせる軽オープンスポーツが販売されました。

その名はビート、軽自動車ながら64psのNAエンジンをミッドシップレイアウトで備える贅沢な軽スポーツカーとして大人気なったのですが、バブルの崩壊とともに贅沢品となり、生産を終了してしまいました。

そして2015年、Sシリーズとビートの後継モデルとなる軽スポーツモデルが登場します。

名前はS660、もちろん軽自動車の規格である660ccからとられた名前なのですが、事実上はビートの後継モデルとして作られるのです。

デザインはビートによく似ているのですが更に戦闘的なスタイルとなり、ルーフは巻き取り式のキャンバスを使ったタルガトップなるそうです。

エンジンは直列3気筒DOHCターボエンジンで、ビート同様にミッドシップレイアウトを持つようです。

最大出力は軽自動車の場合、64psが最高ということになっているのですが、もしかしたらその自主規制値も突破することも考えられます。

足回りは当然四輪独立懸架でブレーキも四輪ディスクブレーキと普通自動車のスポーツモデル並みの装備を備えることになるでしょう。

問題は車両価格ですが、最近の軽自動車はどんどん高くなってきているので、この車も200万円近くの値段を付けることになるでしょう。

軽自動車で200万円とは、今後が末恐ろしくなります。