フィットシャトルFMC

フィットシャトルFMCフィットやフィット・ハイブリッドがフルモデルチェンジされ、いろいろな意味で注目されている中、フィットのステーションワゴンであるフィット・シャトルは依然として先代モデルのままとなっています。

そのフィット・シャトルが2015年にフルモデルチェンジされるようです。

現行モデル同様にフィットをベースとして作られるわけですが、今回のリコール問題によってSPORT HYBRID i-DCDは見送られる公算が強くなってきており、その代わりに新しく開発した1リッターターボエンジンが搭載されるようです。

いわゆるダウンサイジングターボというもので、排気量を小さくして燃費を稼ぎ、それによってパワーダウンした分をターボで稼ぐというものです。

ハイブリッドシステムよりは燃費の面では効率が悪いのですが、ハイブリッドモデルのように新たに部品を取り付けるわけではないのでコスト面で大きなメリットを持つことになります。

大衆車であるフィット・シャトルにしてみれば優れた走行性能やずば抜けた燃費性能より買い易い価格帯になるほうのが重要なことで、そういった面を考えて今回初めての搭載となるようです。

ボディの形状やインテリアのデザインなどはいまだにはっきりとしたことはわかっていないのですが、現行モデルのような小型モデルでありながらかなり広く使えるキャビンを持つことは間違いないでしょう。

価格帯も抑えられると思いますので、フィットやフィット・ハイブリッド同様に大ヒットすること間違いなしでしょう。