ステップワゴンFMC

ステップワゴンFMC日産のセレナがビッグマイナーチェンジを行い、それに追いつくためにトヨタのノア・ヴォクシー兄弟もTHS-IIを従えてフルモデルチェンジと日本のミニバンの中心的モデルである中型ミニバンが続々と新しくなっているのに、ホンダのステップワゴンだけがいまだの古いモデルを販売しています。

それによって、ステップワゴンの売れ行きが悪くなり、すでに仮死状態になっているのですが、2015年にやっとのことでフルモデルチェンジを行うことになったようです。

中型ミニバンに限らず、トールミニバンはデザイン的にほぼ同じものとなることが多いので、外見が大きく変わることはなく想像もある程度付くのですが、エンジンどうなるのか、ハイブリッドになるのかなど燃費や走行性能に関する部分が気になるところだと思います。

今度のステップワゴンにはどうやらガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの両方作られるようです。

最初に販売されるのがガソリンエンジンモデル、従来のような2リッターNAエンジンではなく、今度は1.5リッターターボのダウンサイジングターボエンジンが搭載されるようです。

このエンジンは2リッターNAエンジンよりパワフルになるようで現在の150ps前後のものと比べるとはるかに動力性能がよくなるようです。

遅れて登場するのがハイブリッドモデルで、こちらは従来通り2リッターNAエンジンを搭載し、更にハイぶり度システムを搭載することになるのですが、このハイブリッドシステムがどういったものになるのかは依然としてわかりません。

ただ、そろそろハイブリッドカーも潮時のような気がするので、主力はむしろターボエンジンになるのではないかと思われます。